四国山地の清水と瀬戸内の味覚が育んだ旨い酒。愛媛県酒造協同組合

地中海料理と合う、選ばれし愛媛の酒 mar誕生。

  1. HOME
  2. >蔵元一覧
  3. >株式会社媛囃子
印刷

株式会社媛囃子

日本で初めて栗焼酎を造った、四国唯一の焼酎専業の蔵

四国唯一の焼酎専業メーカーである媛囃子。土佐境の草深き山里・城川町でおよそ200年前頃より「大師」という銘の焼酎を造り、今日に至っています。
この媛囃子という蔵名の由来は、遥か1,000年前まで遡ります。寿永元年(1182年)、奸臣の讒言(ざんげん)から崇徳上皇の逆鱗にふれ、島流しとなって伊予に渡り、うおなしの田穂の里に住みついた肥後守親房。彼は、同三年に屋島の合戦に敗れてこの地に逃げのびてきた平公盛が同じ逆境であることに悲哀し、涙を流し手厚く慰めました。その際、親房の娘「布由姫」が一族の姫たちを集め、秋の満月のもとで、笛を鳴らし、鼓を打ち、ススキをかざして踊った舞が「ひめばやし」です。媛囃子では米、栗、麦を主原料とし、独自の特殊加工により焼酎独特の不愉快な成分を除去。原料の特徴を生かした風味とさわやかな甘さが自慢の逸品を揃えています。また、愛媛県は全国屈指の栗の生産地です。その中でも城川町は“しろかわ栗”として県内でも最高の生産量を誇り量質ともに有名な生産地。媛囃子では、こうした自然の恵みを存分に活かし、オンリーワンの精神で良質な焼酎を育んでいます。

DATA

創業昭和16年(1941年)
創業者
代表者代表取締役 清水弘朗
TEL0894-82-0008 
FAX0894-82-0267
住所〒797-1716 愛媛県西予市城川町魚成4598
従業員数6名
蔵元見学
URLhttp://www.himebayashi.jp/
関連ファイル
その他

商品紹介

おくりおくら

720ml 分類/栗焼酎 酵母/白麹 度数/25

おくりは、「御栗」。おくらは、「瓜食めば 子ども思うほゆ 栗食めば まして偲はゆ」と万葉集に詠んだ山上憶良(やまのうえのおくら)に由来。実は日本で最初に栗焼酎を造った媛囃子。その誇りと栗へのこだわりを伝える一品です。愛媛県産栗を100%使用し、米焼酎をブレンドすることですっきりとした味わいのある焼酎に仕上がりました。

奥伊予

720ml 分類/栗焼酎 酵母/白麹 推奨飲用温度/お湯割り

周囲を山々に囲まれ、のどかで美しい農村風景が広がる城川町は〝奥伊予〟とも呼ばれています。自然の恵みそのままに、愛媛県産栗を100%使用した奥伊予。3年以上貯蔵熟成させ、栗の旨味や香りを感じることができるソフトな舌触りの焼酎です。

宝泉坊

720ml 分類/はだか麦焼酎 酵母/白麹 度数/25 推奨飲用温度/お湯割り

天正の昔(16世紀後半)、ある法師が冷泉で傷を癒したことから、その名が付いたとされる城川町の「宝泉坊温泉」が酒銘の由来です。日本一の生産量を誇る愛媛県産のはだか麦を100%使用しました。常圧蒸留で、一口飲むとガツンとくる深いコクと奥行きのある味わいが特徴。はだか麦特有の香ばしい香りもお楽しみ頂ける一品です。