四国山地の清水と瀬戸内の味覚が育んだ旨い酒。愛媛県酒造協同組合

地中海料理と合う、選ばれし愛媛の酒 mar誕生。

  1. HOME
  2. >ほろ酔い雑記一覧
  3. >南国の表情が一変する愛媛の冬
印刷

南国の表情が一変する愛媛の冬

2012.03.23

冬の石鎚山の様子

田畑も雪化粧(西予市)

四国山地が愛媛の冬を演出
愛媛=南国というイメージが強いですが、冬には酒造りに適した寒冷な気候となります。こうした気候・風土を演出しているのが、1,000m級の山々が県内を南北に連なる四国山地です。

冬、大陸で発達するシベリア高気圧。そこからの北西の季節風が日本アルプスにあたり、日本海側で雪が降ることは有名ですが、それと同様、北西の季節風が中国地方と九州地方の間の関門海峡を抜け、四国山地にあたり、愛媛県、特に南予地方の山間部では、しばしば雪が降ります。
田畑や山々を美しく覆う一面の銀世界、ウィンタースポーツを楽しむ多くのお客さんで賑わうスキー場など、そこには南国とは思えないような光景が広がります。

また、四国山地の筆頭である石鎚山からは、冬場、麓に向けて石鎚おろしと呼ばれる強風が吹き、さらに寒冷で酒造りに適した気象条件となります。